閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年3月28日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:Moody’s、金属市況下落・低迷を背景にPeñoles社の格付けを下げる

2016年3月23日付け業界紙等によると、格付け機関のMoody’s社は、Peñoles社のシニア無担保金融債務の格付けをBaa2からBaa3へ格下げした旨を発表した。
Moody’s社によると、今回のPeñoles社の格下げは、中国経済の成長の鈍化に伴いコモディティ価格が下落している状況を踏まえ、本年1月に世界的に鉱業部門に対する格付けを広く見直したことの一環として行った。また、Peñoles社は歴史的に見て強い信用力を示してきたが、同社の主力製品である銀、金、鉛及び亜鉛の市況下落が大きなインパクトとなっており、今後数年間はキャッシュフローの厳しい状況が見込まれる。
なお、同社は、金属市況の低迷にもかかわらず堅実な財務状況を維持することにより、今後12~18か月間において十分な信用指標を維持することが期待できる。

ページトップへ