閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年3月28日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:エネルギー鉱物資源省、新局設置の認可待ち

 2016年3月21日付地元メディアによると、エネルギー鉱物資源省(MEMR)は、税外収入管理を目的とした新部局設置を予定しており、現在国家行政改革省の承認を待っている状態だという。

 MEMR事務次官Teguh Pamudji氏によると、新局の創設は2016年3月中が目標で、石油・天然ガスセクターの税外収入管理と石炭・金属セクターの税外収入管理の2局である。後者は鉱物石炭総局の下に設置され、前者は財務省国家予算総局の下に設置される。

 同氏はまた、新局はここ数年低下が続いている税外収入の管理のために必要不可欠であり、なぜなら、多くの事業者が国家に対する財務的な義務を果たしていないためである、と述べた。

ページトップへ