閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル タングステン
2016年3月29日 北京 森永正裕

中国:タングステン精鉱を15%減産へ

現地報道によれば、最近、中国タングステン協会は会議を開催し、タングステン市場需給状況及びコスト逆転状況に対し検討を行った。協会は、生産能力規制や生産削減を継続的に実施する次のことを提案した。2016年タングステン精鉱生産量を15%引き下げる。主に主要企業の主要採掘タングステン精鉱生産量と随伴共生タングステン総合利用生産量を対象とする。合計生産削減量は1万t。同時にタングステン精鉱とAPT等タングステン製品に対し商業的備蓄を実施する。

今回、タングステン協会は生産能力の規制及びコスト削減に力を入れ、タングステン産業の総合的国際競争力及び発展力を強化する。同時に不当廉売を防止及び制止する。これにより、タングステン製品の輸出秩序及び産業全体の利益を共に維持する。上流・末端タングステン製品の全体価格は正当な位置に戻す。それに、タングステン精鉱採掘総量規制等関連業界の監督管理政策を徹底的に実施し、販売量を削減し、タングステン原料市場の供給秩序を共に維持する。

タングステン生産国として、タングステン業界の欠損状態に対し、中国政府は一連の産業転換・高度化促進政策を公表した。2015年11月、中国国土資源部は「レアアース・タングステン鉱山探査権・採掘権に関する許認可管理を規範化」を発表し、タングステンに関する新たな探査、採掘申請登記の受理の一時中止を続けた。タングステン採掘権に関する延長更新管理を徹底的に実行した。タングステンにおける採掘権を延長更新する際には、“採掘総量規制、生産能力均衡”の要求に適合しなければならない。随伴共生資源を開発する場合、タングステン鉱を採掘総量規制指標管理対象とし、タングステン探査権の存続政策を完備した。

2016年1月初め、中国工業情報化部は「タングステン産業規範条件」を発表し、採掘した鉱山の建設規模、総合エネルギー消耗、資源利用率及び製錬企業の原料供給等を規範化した。2016年2月、中国国土資源部はタングステン精鉱採掘総量規制指標第1回分を発表した。タングステン精鉱(三酸化タングステン含有量65%)の採掘総量規制指標を4万5,650t(2015年の年間指標総量は9万1,300t)、そのうち主要採掘指標を3万6,650t、総合利用指標を9,000tとする。

ページトップへ