閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年4月6日 ロンドン 竹下聡美

ドイツ:Aurubis社、アジア、米州での買収機会を探る

2016年4月4日付メデイア報道によれば、欧州最大銅製錬メーカーの独Aurubis社は、新興市場での案件買収を検討している。同社CFOのErwin Faust氏が報道機関に答えたところによれば、アフリカは我々のリストのトップには無いとして、アジア及び米州での機会を探っているとしつつも、現時点では検討段階の案件はないとしている。

なお、同社の最後の買収は2011年でLuvata Groupの銅圧延プラントであった。また今後のTC/RC見通しについては、通常、銅精鉱の供給が多い場合にはTC/RCは上昇する傾向にあるが、同社はペルーからの高品位鉱石生産が期待されることから、TC/RCはさらに上昇するという考えを示した。また米ドル高ユーロ安の状況を受けて、TC/RCは米ドル建てで受け取るため生産コスト低減に寄与しているとコメントした。

ページトップへ