閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年4月7日 サンティアゴ 山本邦仁

チリ:CODELCO、投資先送り等により2015-2019年支出を60億US$削減

22016年4月5日付けメディア報道によると、CODELCO Pizarro総裁は、2015-2019年の5年間の支出について、40億US$の投資先送りと20億US$のコスト削減計画実施により60億US$減少させる方針であると語った。この影響により、今後25年間の計画生産銅量44百万tが約13%(4百万t)減少する見込みとされる。

投資先送りにより影響を受けるプロジェクトは、Rajo Inca露天採掘転換プロジェクト、Andina銅鉱山拡張プロジェクト、El Teniente銅鉱山新規レベル開発プロジェクト。2016年の投資額は、Chuquicamata銅鉱山坑内採掘転換プロジェクト等への30.5億US$を見込む模様。なお、2015年の投資額は37.2億US$。

ページトップへ