閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年4月8日 リマ 迫田昌敏

ペルー:2016年2月鉱産物生産量

エネルギー鉱山省の発表によると、ペルーの2016年2月の鉱産物生産量は、前年同月比で銅69.6%、金13.3%、銀24.2%、鉛4.4%、モリブデン6.3%と増加した一方、亜鉛-5.4%、鉄鉱石-3.5%、錫-8.4%と減少した。

銅生産(1~2月期)の増加は、Cerro Verde鉱山(Arequipa州)の拡張の結果が大きく寄与しており、前年同期比152%増(2016年78,382t、2015年31,144t)の同鉱山が、前月から引き続き、昨年まで国内銅生産1位で、昨年下期から銅の高品位部を採掘しているAntamina鉱山(Ancash州)の銅生産量(前年同期比35%増の70,744t)を凌いでいる。3位は前年同期比1.1%減の51,730tを生産したSouthern Copper社で、Cuajone鉱山の3%増産をToquepala鉱山の6%減産が相殺した形となっている。4位はAntapaccay鉱山(28,428t)、5位はHudbay Peru社のConstancia鉱山(21,284t)、6位はChinalco社のToromocho鉱山(21,176t)、7位はLas Bambas鉱山(18,032t)。

1~2月期の金生産は、国内第1位のMinera Yanacocha社が4.02tで、国内生産の16%を占め、2位Minera Barrick Misquichilca社(2.40t)、3位Consorcio Minero Horizonte社(1.06t)と続く。

1~2月期の鉛生産は、Junin州に主たる鉱山を保有するVolcan社が前年同期比31%増の5,376tでトップ。Pasco州に主たる鉱山を有するChungar社(4,094t)とHuanuco州に主たる鉱山を有するRaura社(3,658t)、さらに、Buenaventura社(3,523t)、Milpo社(3,099t)と続く。

一方、亜鉛生産(1~2月期)の減少は、Antamina鉱山の-16.6%、El Brocal鉱山の-31.6%、Milpo社の-11.5%の各減産の影響が、Volcan社の12%、Chungar社の5.7%、Milpo社の5.2%の各増産を上回ったことによる。

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

t

鉱種 単位 2月 1月~2月
2015年 2016年 増減 2015年 2016年 増減
t 99,721 169,114 69.59% 211,609 326,442 54.27%
g 11,580,135 13,121,954 13.31% 23,247,410 25,164,179 8.25%
亜鉛 t 113,151 107,003 -5.43% 226,590 209,253 -7.65%
296,273 367,894 24.17% 604,752 700,980 15.91%
t 24,221 25,276 4.36% 49,642 51,148 3.03%
鉄鉱石 t 659,292 636,212 -3.50% 1,392,300 1,332,611 -4.29%
t 1,625 1,488 -8.43% 2,910 2,677 -8.01%
モリブデン t 1,485 1,578 6.26% 3,277 3,561 8.67%
タングステン t 13 0 -100.00% 25 0 -100.00%
ページトップへ