閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年4月8日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Las Bambas銅プロジェクトを巡る争議が再発

2016年4月6日付け地元紙によると、Apurimac州Cotabambas郡のChallhuahuacho区、Mara区、Tambopata区では、4月5日、Las Bambas銅プロジェクト反対を巡る対話協議の政府による不履行を理由として、地元住民が無期限デモを開始した。

Challhuahuacho区では、全ての商業施設の活動が停止している。Cotabambas郡では、2015年9月にLas Bambas銅プロジェクトへの反対デモ隊と警官隊が衝突し複数の死者やけが人が発生した。その後政府は、2016年3月21~23日にかけて協議会を開催し、人権問題や環境問題、投資プロジェクト、MMG社の社会的責任等についての評価を行う予定を示していたが、実施されなかったことを受けて、抗議が再開された。

また、Las Bambasプロジェクトの影響下地区内に存在する35の農民コミュニティは、政府からの回答が得られない場合、大統領選(4月10日)での投票権を棄権する方針を取り決めた。これに対して政府は、協議会が予定日に開催されなかったのは飛行機の整備不良による空港閉鎖が理由であり、期日変更を申請する公文書はCotabambas郡民団体によって受領されたと説明している。

ページトップへ