閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年4月11日

ロシア:ハバロフスク地方、2015年の地質調査投資は31億ルーブル

2016年4月1日付け地元報道等によると、2015年のハバロフスク地方の鉱物資源基盤再生への投資額は31億ルーブル(前年比3.3%増)となり、埋蔵量は金483.1t、銀307.2t、銅520万t増加した。

銅と金(278.1t)の埋蔵量増加は、Amur Minerals社が発見したMalmyzhskoe金・斑岩銅鉱床によるものであった。Amur Zoloto社(Russian Platinum社傘下)によりPerevalnoe鉱床(埋蔵量金19.8t、銀91.8t)の商業開発準備が整った。

ハバロフスク地方の2015年の金生産量は前年比4.6%減の18.878t、銀生産量は前年比28.1%減の58.572t、プラチナ生産量は前年比18.8%増の2.836tであった。

ページトップへ