閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年4月12日

豪:Oz Minerals社、契約再交渉や給与凍結により更なるコスト削減

2016年4月8日付け地元紙は、銅―金鉱山企業のOz Minerals社のコスト削減の計画を報じている。

Oz Minerals社は2015年後半から開始したコスト削減の取り組みにより年間2,000万A$のコストの削減を実施した。同社はさらに2,500万A$のコストの削減を実施することとしており、これは、生産の効率化の他、サプライヤー、コントラクター等との契約の再交渉を通じて行われる。また2016年における取締役や幹部及び全従業員における給与の凍結もコスト削減の原動力となる。

OZ Minerals社の株価は2016年1月中旬以降、約50%上昇している。同年2月末には6,000万A$分の自社株買いを実施し、SA州におけるCarrapateena銅―金鉱山の開発も進めている。OZ Minerals社のAndrew Cole CEOは費用曲線の半分以下で操業することを目標にすると述べている。

ページトップへ