閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年4月14日 メキシコ 縄田俊之

ドミニカ共和国:公共省、Falconbridge Dominicana社幹部を地方裁判所に起訴

2016年4月7日付け業界紙等によると、Falconbridge Dominicana社幹部が、環境関連法令に違反したとしてSan Cristóbal州地方裁判所に起訴された。

Falconbridge Dominicana社は、2015年8月にAmericano Nickel Limited(ANL)がGlencoreから買収したFalcondoニッケル鉱山の現地法人である。今般、同社が鉱山操業に伴う排ガスの大気への放散により周辺住民の健康に被害を与えたとして、公共省が自然環境基本法及び公衆衛生法違反で同社を訴えたものであり、現在同社CEOと取締役2名に対し出国禁止等の措置が取られている。

なお、同鉱山に関しては、Glencoreが2013年に買収以降、ニッケル市況の下落・低迷を理由に一時閉鎖に踏み切り、現在まで操業停止の状態が続いていた経緯を有するほか、ANLによると、本年半ばの操業再開に向けて作業が進められている。

ページトップへ