閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年4月18日 リマ 迫田昌敏

ペルー:国内主要鉱業投資額が58,346百万US$に回復

2016年4月14日付け地元紙がエネルギー鉱山省発表資料を引用して伝えるところによれば、2016年3月時点の国内主要鉱業投資額が50プロジェクト、58,346百万US$となり、前年10月の47プロジェクト、56,413百万US$から増加した。前年5月時点では51プロジェクト、63,114百万US$だった。前年10月時点から、Ariana(Junin州)、Macusani(Puno州)、Lagunas Norte拡張(La Libertad州)のプロジェクト追加があった。

50プロジェクトは、鉱山拡張7件、EIA承認済14件、EIA評価中3件、探査中26件からなる。鉱種別では、銅41,166百万US$(70.6%)が最も多く、多金属5,947百万US$(10.2%)、鉄鉱石5,300百万US$(9.1%)と続く。州別では、Aprimac州19,713百万US$(33.8%)が最も多く、Arequipa州9,562百万US$(16.4%)、Cajamarca州9,432百万US$(16.2%)と続く。投資主体別では、中国19,189百万US$(32.9%)が最も多く、米国10,135百万US$(17.4%)、カナダ9,877百万US$(16.9%)と続く。ステータス別では、鉱山拡張9,855百万US$(16.9%)、EIA承認済23,871百万US$(40.9%)、EIA評価中891百万US$(1.5%)、探査中23,729百万US$(40.7%)。

ページトップへ