閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2016年4月22日 サンティアゴ 山本邦仁

ブラジル:Vale、2016年第1四半期の鉄鉱石生産量は77.5百万t

2016年4月20日付けValeの発表によると、2016年第1四半期の鉄鉱石生産量は、前年同期比0.2%増の77.5百万tであった。第1四半期生産量としては過去最高となった。最大のCarajas鉄鉱石鉱山の生産量は、前年同期比17.7%増の32.4百万tであった。年間生産量は生産目標の再下限レベルとなる340~350百万tを見込むとしている。

ブラジルにおける銅鉱山の生産量は63,400t(前年同期比1.6%増)で、内訳は、Sossego銅鉱山:22,300t(同17.6%減)、Salobo銅鉱山:41,100t(同16.4%増)。Sossego鉱山では実収率が向上したが、品位の低下が大きく影響した。Salobo鉱山では2016年3月にこれまでの最高となる月間銅生産量14,100tを達成した。フル操業への移行は2016年下半期とされる。

Onça Pumaニッケル鉱山の生産量は、焙焼炉の不具合により、前年同期比8.8%減の5,600tとなった。

ページトップへ