閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年4月22日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Hochschild社、2016年第1四半期の銀相当生産量は前年同期比79%増

2016年4月20日付け地元紙によると、Hochschild Mining社(本社:リマ、ロンドンベース)が、2016年第1四半期の生産実績を発表した。

アルゼンチンの鉱山を含む2016年第1四半期の銀相当生産量は7.4百万oz(約230t、銀3.7百万oz(約115t)+金51,100oz(約1.6t))で、前年同期の銀相当量4.2百万oz(約131t)に比べ、79%増加した。増産は、Inmaculada金銀鉱山(Ayacucho州)での生産が、銀回収率の改善と採掘金品位の向上により、金34,000oz(約1.1t)、銀974,000oz(約30.3t)となったことに起因するところが大きい。

Arcata鉱山(Arequipa州)の同期銀相当生産量は1.7百万oz(約53t、銀1.2百万oz(約37t)+金4,700oz(約146㎏))で、前年同期の銀相当額1.5百万oz(約47t)に比べ、12%増加した。Pallancata鉱山(Ayacucho州)の同期銀相当生産量は814千oz(約25t)と、新しい切羽への移行期間のため、前年同期に比べ約30%近く減産した。同社は雨季明けを待ち、2016年第2四半期に今期のブラウンフィールド探鉱を再開する。Arcata鉱山では、鉱量追加を目指し7,000mのボーリング、Pallancata鉱山でも5,500mのボーリングと地表地質調査を計画している。

ページトップへ