閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2016年4月25日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:国税庁及び全国鉄鋼産業会議所は不公正貿易に立ち向かう

2016年4月18日付け業界紙等によると、メキシコ国税庁(SAT)は、全国鉄鋼産業会議所(CANACERO)とともにメキシコ鉄鋼業界が被る不公正貿易に対抗するため、政府と鉄鋼業界との間で新たなワーキンググループを設置した旨を明らかにした。

SATによると、CANACEROとの間でパートナーシップを合意し、不公正貿易の防止及び早期発見、並びに、外国貿易におけるフェアな条件を策定することを目的としたワーキンググループを設置した。本パートナーシップにより、SATとしては、外国貿易問題における不正行為を排除する機会と、これら不正行為によるリスクを特定するため、鉄鋼業界とともに協力することとなる。具体的には、不正行為の過小評価、不正な三角貿易や税関手続きの悪用等不正行為を排除するため、政府と鉄鋼業界とが参加する恒久的なワーキンググループを設置、運営する。

また、相殺関税及び分野別規制措置の導入可能性、輸入動向の分析等商慣習上問題となる点を検討し、現行のマキラドーラ、国内製品に対する輸出サービス、保税倉庫の認可、関税制度等に関する戦略的な財政見直しを実施するための共同声明を発表することが可能となる。

ページトップへ