閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2016年4月25日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:Eramet社のWeda Bay ニッケルプロジェクトにおける株式保有率が増加

2016年4月23日付地元メディアによると、Eramet SA(Eramet社)は、Strand Minerals Pte Ltd (Strand社)の株式を三菱商事及び大平洋金属より取得したとのこと。Strand社は、インドネシア北マルク州におけるWeda Bayプロジェクトを推進するPT Weda Bay Nickel(PT WBN)の株式90%を保有している。ErametはStrand社の株式を66.6%、三菱商事は30%、大平洋金属は3.4%保有していた。また、PT WBNの株式のうち、10%はインドネシア国営鉱山公社PT Aneka Tambangが保有している。

Eramet社は第1四半期財務報告書において、「Strand社の株式保有者間の同意により、Eramet社は三菱商事及び大平洋金属が保有するPT WBNの株式を取得するものとする。同取引によるグループの収入への影響はない。Eramet社はStrand社の全株式を保有することになり、Erametグループの純有利子負債は100百万€となる」と記している。

ページトップへ