閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年4月26日 シドニー 山下宜範

豪:Rio Tinto、社債の買入償還により負債を削減

2016年4月21日、Rio Tintoは2017年及び2018年に満期となる同社発行の社債のうち15億US$分の買入償還を行うことを発表した。

本件に係る入札は2016年5月に完了させる予定。まず2017年が満期となる額面17.5億US$分(5億US$(表面利率2%)+12.5億US$(同1.625%))の社債に対して入札が行われ、額面の金額が15億US$に満たなかった場合には2018年が満期となる額面30億US$分(17.5億US$(同6.5%)+12.5億US$(同2.25%))の社債に対して入札が行われる予定である。

ページトップへ