閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年4月27日 モスクワ 木原栄治

ロシア:Taimyrsky鉱山、富鉱採掘拡大へ

2016年4月14日付け地元報道等によると、Taimyrsky鉱山(Norilsk Nickel社北極圏支社傘下)で第3フェーズ施設が操業を開始した。採掘量は富鉱50万t/年となる。新施設の操業開始により、深層部の換気、第7換気立坑(VS-7)のスキップホイストによる岩石引き上げ、ケージでの人員・貨物の昇降が可能になった。投資額は45億ルーブル以上である。

第3フェーズ施設には、地上の建物・施設(換気装置、昇降装置(ケージ、スキップ)、管理・生活施設、消火用水槽、貨物・歩行用通路、給送タンク、立坑櫓)、ダクト・排水管を備えた立坑VS-7、深度1,300~1,400mにある地下インフラ、坑内採鉱場、送鉱斜坑、発電機用変電設備、ポンプ設備等が含まれる。

ページトップへ