閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年4月29日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Minas Conga金プロジェクト、近い将来の再開に否定的見解

2016年4月23日付け地元紙によると、Newmont Mining社CEOのGary Goldberg氏は、現在のペルー国内の政治的・社会的環境の下では、近い将来におけるMinas Conga金プロジェクト(Cajamarca州)の再開は期待できないと述べた。

ペルー大統領選決選投票に勝ち残っているKeiko Fujimori候補およびPedro Pablo Kuczynski候補はともに、全ての鉱業プロジェクト実施にはまず社会的なライセンス(承認)を得る必要があるとの考えを示しており、これに対し、同社はこれを受け入れ、同プロジェクトに関しても、社会的ライセンスの取得を待つ方針を示した。

また、2016年4月27日付け地元紙によると、Buenaventura社(本社:ペルー)のBenavides社長も、同プロジェクトは現段階では実行不可能であるとの考えを示した。同社長は、同プロジェクトには1,500百万US$が投資されたものの、現段階では社会的問題により実現が不可能であるとしたほか、金属価格の下落により、経済面においても短期的な再開可能性はないとの考えを示した。

同プロジェクトは、年産金量680,000oz(約21t)と年産銅量54,000tの見込まれる、投資総額約5,000百万US$の規模のEIA承認済のプロジェクトである。Newmont Mining社 51.35%、Buenaventura社43.65%、IFC 5%が出資するMinera Yanacocha社がプロジェクトを推進しているが、鉱床が複数の湖の底に位置していることから、住民による反対が大きく、2011年11月以降、ペルー政府の要請を受け入れ、中断状態にある。

ページトップへ