閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年4月29日 リマ 迫田昌敏

ボリビア:2015年の金の輸出額は、前年比46%減

2016年4月19日付け地元紙によれば、2015年の金の輸出額は、前年比46%減となった。国立統計院(INE)外国貿易研究所(IBCE、Bolivian Institute of Foreign Trade)の発表によると、2015年の金輸出額は747.6百万US$となり、2014年の1,384.2百万US$から、ほぼ半減した。2010年から2012年にかけて増加したあと、2013年に減少したものの、2014年は再度増加していた。2015年の輸出量も30.3tと、前年から47.3t減少している。

元鉱業大臣のDionisio Garzón氏によると、ボリビアの金生産の大部分が違法鉱業に拠っていることが、この急落の原因だとしている。同国の金生産量は、2009年以降増加し、ここ10年の最高値(1,670US$/oz)をつけた2012年にピークに達し、その後価格低下とともに生産量も減少しているという。

ページトップへ