閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2016年4月29日 ロンドン 竹下聡美

ポルトガル:ILZSGの亜鉛需給予測、2016年に35.2万tへ供給不足が拡大

2016年4月27日にポルトガル・リスボンで国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)が開催され、2016年の亜鉛需給予測について協議が行われた。ILZSGは亜鉛需給バランスについて、2015年は6.1万 tの供給過剰、2016年は供給不足に転じて、大手生産者の減産計画が影響し不足幅は前回予測の15.2万tから、35.2万tまで拡大すると予測した。

サプライサイドについて、亜鉛鉱山生産量は豪州Century鉱山の閉鎖及びGlencoreによる50万tの減産計画、CBH Resources及びPerilyaによる減産計画に伴う減少分を中国生産が前年比12.4%の増産で一部相殺するものの、2016年は前年比1.4%減の1,327.1万tと推定した。2016年の亜鉛地金生産量は、カナダ、インド及びカザフスタンでの減産を中国、韓国、ナミビア及びノルウェイでの増産が相殺して0.5%増の1,397.7万tと推定している。

デマンドサイドについては、中国のインフラ向け需要が引き続き期待され、また欧州、韓国、インド、日本及び米国での需要増加が予想されることから、2016年は3.5%増の1,432.9万tと予測した。

ページトップへ