閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年4月29日 モスクワ 木原栄治

カザフスタン:地下資源インタラクティブマップ作成へ

2016年4月25日付け地元報道等によると、採鉱が行われている国内地下資源の利用状況を投資家等がフォローできるようになる。イセケシェフ大臣は、「地質情報へのアクセスに向け、カザフスタンでは地下資源に関する公開インタラクティブマップが作成される。あらゆる投資家、我が国の国民が地下資源の状況を見られるようになる。我々は近々このプロジェクトを実現する」と述べている。

また、専門家教育に向けた採鉱製錬部門中核研究拠点が設立される。プロジェクトの実施機関は独立系クラスター基金「Innovation Technology Park」及び国際コンサルティング会社McKinsey社である。同拠点のオープンはアルマトイで2016年後半に予定されている。

中核研究拠点の最初の顧客となるのはPolymetal社(Varvarinskoe鉱床)とEurasian Group(ERG)である。2016年に同拠点で最初の自動化・先端的分析モジュールが稼働する。企業データの高度分析により、生産効率向上(ダウンタイムの35~34%削減、生産性の20~25%向上、保守・改修費の20~30%削減)が可能となる。

ページトップへ