閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年5月12日 北京 森永正裕

中国:中国国内モリブデン業界の主要企業による共同提議書

2015年下半期以降、国内の非鉄金属業界は最も苦しい時期に入った。モリブデン業界の生産能力過剰問題は最も目立っており、業界内の競争も激しくなった。海外や国内のモリブデン市場価格も境界線を越え下落し、2003年以来の最低値に落ちた。モリブデン生産企業の経営は苦しむ一方である。これらの厳しい状況に積極的に対応し、モリブデン市場の自信を高め、モリブデン業界の「供給側の改革」を促進するため、協議により、各企業は積極的に賛同、合意した。業界全体に対し以下のことを提議した。

    t

  1. 中国モリブデン鉱山企業連絡グループを設立し、リーダーシップの役割を果たし、動態作業及び交流メカニズムを築く。情報共有と連携性を強化し、市場の動向により非定期的に会議を行い、より効果的な措置を取り、業界の利益を確実に維持し、モリブデン産業の持続的且つ安定的な発展を図る。
  2. t

  3. 革新的、協調的、省エネ、自由化、情報共有という発展信念を貫き、科学的革新、技術改善により産業高度化を促進し、供給側の改革に対する実践活動を自主的に行い、市場需要を満足させる。
  4. t

  5. 業界の自律を強化し、企業の信頼を築き、社会的責任を果たし、不当廉売を防止及び制止する。これにより、モリブデン業界の秩序及び業界全体の利益を共に維持する。上流・末端モリブデン製品の全体価格を正当な位置に戻す。
  6. t

  7. 「環境保護法」を徹底的に執行し、グリーン生産を重視し、生態環境保護の基準を厳しく守り、業界の自律を強化し、かつモリブデン業界に対し社会による監督を積極的に奨励する。
  8. t

  9. 会議参加企業は、現在の市場価格は業界のファンダメンタルズ及び市場需給関係から離れており、業界内の平均生産コストより下回っていると認識している。これにより、国内モリブデン産業の存続及び成長に厳重な影響を与えている。生産能力規制、生産量の削減、不当廉売活動には参加しないことに合意した。2015年の国内モリブデン精鉱生産を9.18%減産し、引き続き2016年に10%を削減することを承認した。モリブデン製品における国家備蓄に積極的に参加し、販売量を削減する。商業的備蓄という新しい方法を探り、促進し、モリブデン原料市場の秩序を共に維持する。

今回、減産を承認したモリブデン企業は、栾川龍宇モリブデン業有限公司、金堆城モリブデン業株式有限公司、洛陽栾川モリブデン業集団株式有限公司、伊春鹿鳴鉱業有限公司、吉林大黒山モリブデン業有限公司、豊寧鑫源鉱業有限責任公司、内モンゴル中西鉱業有限公司、赤峰敖侖花鉱業有限責任公司、陝西洛南県九龍鉱業有限公司の9社。

ページトップへ