閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2016年5月17日 シドニー 山下宜範

豪:SA州、磁鉄鉱の輸出拡大のための「磁鉄鉱戦略」を発表

2016年5月12日、SA州政府は磁鉄鉱の輸出拡大を図るための「磁鉄鉱戦略」を発表した。

同戦略に基づき、今後5年間で100億A$を磁鉄鉱の鉱山に投資し、2030年までに磁鉄鉱の輸出量を年間5,000万tとする目標を掲げている。同州政府によれば、SA州の磁鉄鉱は高品位で不純物が少なく高炉の効率が向上する。

現在SA州ではMiddleback Ranges鉱山において年間160万tの磁鉄鉱が生産され、同州内のWhyalla製鉄所に供給されている(なお同鉱山及び同製鉄所を操業するArrium社は経営難により2016年4月に管財人の管理下に入っている)。SA州政府によれば、Eyre Peninsula及びBraemar地区において大規模な磁鉄鉱の埋蔵が確認されており、輸出用の磁鉄鉱の生産を大きく増加させることが出来る。なおSA州では2016年2月に銅の生産の拡大を掲げた「銅戦略」を発表している。

ページトップへ