閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2016年5月19日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Volcan社、2016年の年間亜鉛生産量前年比5%増を見込む

2016年5月18日付け地元紙によると、ペルー最大の亜鉛生産者であるVolcan社のJosé Picasso社長が、2016年の年間亜鉛生産量を、2015年生産量の284,900tに比べおよそ5%増の30万t前後を見込んでいることを明らかにした。

また、2016年の銀生産量については、2015年の24.8百万oz(約771t)とほぼ同じ22~25百万oz、鉛生産量については、2015年の59,600tからやや増産した55,000~70,000t、銅生産量については、2015年の4,300tとほぼ同じ4,000~5,000t、金生産量については、2015年の5,300oz(約165㎏)からやや減産した3,500~5,000ozをそれぞれ見込んでいる。

同社は、最近の金属価格の低迷を受け、投資額を削減し、操業コストのカットに取り組んでいるが、今後数年間を乗り切るために必要な最低限の探鉱は継続する方針で、現在の生産量維持を目的として、Andaychagua鉱山、San Cristobal鉱山、Alimon鉱山の周辺探鉱を実施するとともに、生産量を維持しつつ生産性を高めることが重要だとし、下請け業者との契約見直しを行ったこと、電気料金についても1~2年後の新規契約で料金の削減を図りたいとの考えを示した。

ページトップへ