閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年5月23日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:ISPAが銅精鉱輸出税の値上げを提案

2016年5月13日付地元メディアによると、インドネシア製錬・選鉱協会(ISPA)はインドネシア政府に対し、2017年までに必要とされる国内銅製錬所が完成しない場合、銅精鉱の輸出に更なる高率の輸出税を課すよう提案を行った。

ISPA会長R. Sukhyar氏は、現在インドネシア政府が直面しているジレンマについて明らかにし、2017年以降は銅精鉱の輸出を許可するべきではないが、また同時に、輸出禁止によって国庫収入が失われるとした。ISPAはこのジレンマの解決のため、更なる高率の輸出税を提案したとのこと。同氏はまた、この高率輸出税は鉱業事業契約者(CoW)にのみに課されるもので、2009年鉱業法修正に盛り込まれるべきであると述べた。

ページトップへ