閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2016年5月25日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:PT AntamのPomalaaフェロニッケルプラント拡張が間もなく完了

2016年5月18日付地元メディアによると、国営鉱山公社PT Aneka Tambang Tbk(PT Antam)は、南スラウェシ州Pomalaaにおけるフェロニッケルプラント拡張を間もなく完了し、生産を開始する予定。

PT Antam秘書役Trenggono Sutioso氏によると、現時点では2×30MWの能力を有する石炭火力発電所を建設中で、工事全体の進捗率は2016年3月に99.28%となり、まもなく完了する見込み。当該プラントにおける限定的な生産は既に開始されており、2016年6月にはフル生産を開始する計画である。

PT Antamは、フェロニッケル9,000t/年の能力を持つこのプラント建設を、573mUS$の資金を投入して2014年から開始しており、完成のあかつきにはPomalaaにおけるフェロニッケル生産能力は27,000~30,000t/年に増強される。従前は18,000~20,000t/年であった。

Sutioso氏は、PT Antamはこの他にも、ドイツFerrostaal及びCronimetと共同で19,500t/年のフェロニッケル生産能力を有する新規プラントをPomalaaに計画していると述べた。

ページトップへ