閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年5月25日 北京 森永正裕

豪:豪州政府は五鉱資源のDugald River事業を重要プロジェクトに認定

安泰科によれば、五鉱資源有限公司傘下の豪州Dugald River亜鉛プロジェクトは、クイーンズランド州政府により重要プロジェクトに認定された。それによって、プロジェクトにおける行政審査プロセスが促進され、開発建設が加速化されることになる。

クイーンズランド州の法律に基づき、政府は経済社会に重要な意義を持つ建設プロジェクトを重点プロジェクトに認定することができる。これらのプロジェクトについては、複雑な行政審査認可手続きが簡略化される。現在有効期限内にある重要プロジェクトはわずか13件で、Dugald Riverプロジェクトは唯一の金属鉱山プロジェクトである。

Dugald River亜鉛プロジェクトは、Century鉱山の代替資源として、世界最大の高品位未開発亜鉛鉱山で、鉱石埋蔵量は5,500万t、亜鉛平均品位は12%以上である。莫大な鉛、銀等金属資源が含まれている。建設計画に基づき、当該プロジェクトは2018年初めに生産開始し、マインライフは30年以上になると見込まれている。

ページトップへ