閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2016年5月30日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:米BlackRock社の資本参加でSonoraリチウムプロジェクトの推進が加速化

2016年5月24日付け業界紙等によると、加Bacanora Minerals社(本社:カルガリー)は、資産運用会社として世界的に有名な米BlackRock社(本社:ニューヨーク)が同社の9.75百万株を購入し総額11.2百万US$となる資本参加することにより、英Rare Earth Minerals社(本社:ロンドン)とJVによりSonora州に保有するSonoraリチウムプロジェクト(El Sauz及びFleurリチウムプロジェクト)の推進が加速化する旨を明らかにした。

同社によると、今回のBlackRock社の資本参加は、2015年8月に米国の電気自動車メーカーであるTesla Motors社に対し、同プロジェクトで操業開始後に生産される水酸化リチウムを長期的に供給する契約を締結して以来の最大の成果となる。

一方、同社のプレFSの結果では、本プロジェクトは、鉱山寿命20年以上、バッテリー用炭酸リチウムの生産量が操業開始2年間で生産量17,500t/年、その後35,000t/年にまで拡張する見通しであり、また、硫化カリウム生産量50,000t/年のポテンシャルを有するほか、炭酸リチウム相当で概測埋蔵量5百万t、予測埋蔵量3.9百万tとなっているが、同プロジェクトが予定しているリチウム粘土の抽出方法は、新たなプロセスでありこれまで実績の無い方法であることから、複数の専門家の間では実際の生産に疑問を呈す向きもある。

ページトップへ