閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年5月30日 北京 森永正裕

中国:廃棄鉛酸蓄電池の再生利用分野にハイテク企業が参入

安泰科によれば、鼎端装備は、甘粛永能再生資源開発有限公司との共同出資により持株子会社である甘粛鼎端再生資源開発有限公司を設立する予定。甘粛省白銀市靖遠県劉川工業団地を登録地に設定する。登録資本額は、4,166.67万元で、そのうち鼎端装備が2,500万元を出資、登録資本の60%を占める。

鼎端装備によると、今回の投資事業によって新しい分野に足を踏み入れることになる。廃棄された鉛酸蓄電池の回収処理を主要業務として、精製鉛、合金鉛等製品を産出する。

ページトップへ