閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年5月31日 北京 森永正裕

中国:「レアメタル管理条例」公表見込み

安泰科によれば、「レアメタル管理条例」が、近いうちに公表される見込み。「管理条例」にはレアアース総量規制及び採掘、製錬と流通段階などに対し一連の管理方法が定められている。レアアース業界に対する総合的管理規制がより厳しくなる見込み。

中国工業情報化部によるレアアース犯罪行為取締活動が実施されているが、業界を困らせている“闇レアアース”問題は徹底的には解決されておらず、長い間レアアース価格が低迷する原因にもなっている。現在、レアアース採掘総量規制指標は中国国土資源部及び中国工業情報化部により毎年分割して下付されている。

業界関係者によると、市場の求めにより、レアアースの生産は規定値以上の生産が行われている。部門レベルの総量規制指標は非強制的なものであり、抑止力が足りない。「管理条例」が実施されれば、その法律的な拘束力は強化され、違法採掘に対する管理規制もより厳しくなる。

現在、国内のレアアース酸化物に対する総量規制指標は低く、今後枠を拡大する見込み。データるによると、2015年レアアース採掘総量規制指標は10.5万tと設定され、2016年の指標はそれとほぼ同様となる可能性がある。

ページトップへ