閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年6月2日 メキシコ 縄田俊之

メキシコ:メキシコ銅生産上位4社、2016年Q1の銅生産量を発表

2016年6月1日付け業界紙等によると、メキシコで操業中の銅生産企業のうち、生産量上位4社の2016年Q1における銅生産量は合計で159,920tとなり、前年同期の116,728tから37%の大幅な増加となった。

なお、銅生産量上位4社の本年Q1における銅生産量実績は、以下のとおり。

  • Southern Copper社(Grupo México社の子会社)
    前年同期の98,521tから143,518tへと大幅に増加した。主な要因は、Sonora州に保有するBuenavista鉱山の投資総額35億US$に達する拡張計画により、同鉱山の生産量が前年同期の64,955tから108,863tへと大幅に増加したことによる。なお、同鉱山に関しては、本年の生産量が460,000t、2017年が500,000tを見込む。
  • Peñoles社
    前年同期の9,178tから7,969tへと減少した。主な要因は、Velardeña鉱山、Bismark鉱山及びSabinas鉱山における品位低下と回収効率低下による銅精鉱の生産減、Milpillas鉱山における銅カソードの生産減による。
  • Minera Frisco社
    前年同期の5,256tから4,773tへと減少した。主な要因は、María鉱山における銅カソードの生産が前年同期と比べ43%減少したことによる。
  • 加Capstone Mining社(本社:バンクーバー)
    前年同期の3,773tから3,660tへと減少した。主な要因は、大雨による開発の遅延による。なお、本年は18,000tの生産量を見込む。
ページトップへ