閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年6月3日 リマ 迫田昌敏

ボリビア:Orvana Minerals社、Don Mario鉱山のCILプロジェクトに資金調達

2016年5月30日、Orvana Minerals社(トロントベース)が、Don Mario金銅銀鉱山(Santa Cruz県)のCarbon-in-leach(CIL)プロジェクトの資金を調達したと公表した。ボリビアのBanco BISA銀行が、Orvana Minerals社の完全子会社EMIPA社に対し、期間19ヶ月、年利6%で、7.9百万US$の融資枠を設定した。

同プロジェクトは2016年4月に開始され、完成まで7~9ヶ月かかる。同鉱山は、過去、「下部鉱化帯(LMZ)」での採掘時にCILプロセスを採用し80%以上の回収率を実現していたが、LMZの上方延長エリアを今回採掘するにあたり冶金テストを行った結果、再度CILプロセスを採用することを決めた。同鉱山では現在生産している銅精鉱に加え、今後金ドーレも生産する見込み。

SNL社によれば、2015年9月現在の同鉱山の鉱物資源量は4.7百万t、平均金品位2.2g/t(金量約10.2t)、平均銅品位1.2%(銅金属量約57千t)、平均銀品位27.3g/t(銀金属量約128t)、2015年の生産量は、金0.6t、銅7.5千t、銀13t。

ページトップへ