閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2016年6月3日 リマ 迫田昌敏

コロンビア:Cerro Matosoニッケル鉱山労組がスト予告

2016年5月29日、South32社(パースベース)のCerro Matosoニッケル鉱山(Córdoba県)労組が新労働契約の給与協定をめぐって無期限ストを予告した。スト開始は6月14日とされており、それまでに解決を目指した交渉が行われる。同鉱山は1,200人以上の労働者がおり、うち組合員は520人。同鉱山は2015年7月~2016年3年の間に75百万US$の損失を計上している。

同鉱山のフェロニッケル生産量は、2015年に36,670t、2014年に41,200tだった。同鉱山は、2016年2月にも、ニッケル価格の下落により、少なくとも350人の労働者と複数の委託業者の解雇計画を明らかにしている。

6月3日付けBloomberg Newsによると、South32社CEOのGraham Kerr氏は、同鉱山の2015年下半期の操業コスト4.43US$/lbに対し、販売単価4.30US$/lbだったとし、キャッシュフローがポジティブになるか、またはそのためのプランが示されなければ、同鉱山の操業停止を考慮すべきで、リストラを含む利益改善策策定の目途を2017年7月に設定したと語った。

ページトップへ