閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年6月6日 サンティアゴ 山本邦仁

チリ:CODELCO、Chuquicamata鉱山坑内採掘移行プロジェクトの設計変更を検討中

2016年6月4日付けメディア報道によると、CODELCO Pizarro総裁は、2016年第1四半期の決算発表で、大型開発プロジェクトに変更が加えられるかもしれないと述べたことから、Chuquicamata鉱山坑内採掘移行プロジェクトがその対象となる可能性が指摘されている。

情報筋によると、すでにCODELCOは同プロジェクトの変更を検討しているとされ、当初計画の約42億US$の初期投資が減額される可能性がある。プロジェクトでは、4つの坑道の建設が計画されているが、コストを削減するために、内、ひとつの坑道の建設は行わないことが検討されている模様。また、生産量を維持するために、残り3つの坑道の規模を大きくすることも検討されている様子。

Francisco Carrasco戦略的計画担当部長は、「プロジェクトが変更されることになったとしても、現在、実施されている建設には影響はない。2019年に生産は開始されるだろう。坑道の建設に変更が加えられるのは2021年であろう」と語った。

ページトップへ