閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年6月10日 リマ 迫田昌敏

ボリビア:チリ政府が国境の水系問題でボリビア政府を提訴

2016年6月6日、チリ政府がSilala水系問題でボリビア政府をハーグ国連仲裁裁判所に提訴した。同水系の水源はボリビア領ポトシにあるが、チリが国際河川に属すると主張する一方で、ボリビアは同水系が20世紀初めにチリ北部に人為的に迂回させられたことからボリビアの国内河川であると主張、その結果、水利用について両国は長年対立してきた。同水系の大口利用者にはCODELCOのChuquicamata鉱山が含まれる。

ページトップへ