閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2016年6月12日 シドニー 矢島太郎

豪:BHP Billiton、WA州で新たな鉄鉱石鉱山の開発を検討中

2016年6月10日、地元各紙はBHP Billiton(BHPB)がWA州で新たな鉄鉱石鉱山の開発を検討中であることを報じた。対象とされているのはSouth Flank鉄鉱石鉱床であり、BHPBのArea C鉄鉱石鉱山の南約10㎞に位置している。Yandi鉄鉱石鉱山から年間8,000万tのペースで生産を続けた場合、5~10年で資源量が減少していくため、新たな鉄鉱石鉱山の開発が必要とされている。BHPBはまだ開発コストを算出していない早期段階であるが、将来の鉄鉱石の供給を確保する必要があるとコメントしている。BHPBは2016年度の鉄鉱石の年間生産量を2億6,000万tとしており、いずれ年間生産量を2億9,000万tに引き上げる計画である。

Rio Tintoは今年WA州のSilvergrass鉄鉱石鉱床を開発するか判断を行う予定と推測されており、アナリストは同鉱床の開発費は10億A$に上ると予想している。

ページトップへ