閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年6月16日 北京 森永正裕

中国:中国アルミ洛陽銅業は傘下洛銅百路達45%の株式権益を入札販売へ

現地報道によれば、北京財産権取引所のウェブサイトによると、中国アルミ業傘下の中国アルミ洛陽銅業有限公司は、679.86万元価格で厦門中国アルミ洛銅百路達ハイテク材料有限公司(以下洛銅百路達と略称する)の株式権益45%を入札販売する。移転公告によると、洛銅百路達は百路達(厦門)工業有限公司と洛陽銅業とが共同で出資する企業で、資本割合はそれぞれ55%、45%を保有している。2015年当該企業の売上額は13,956.57万元で、純利益額はわずか77.75万元であった。2016年第1四半期の売上額は507.12万元で、欠損額は6.2万元である。

中国アルミ業が傘下にある非主要欠損企業の株式権益を再度移転するのは、非主要業務における回収資金を分離させ、集中的に優位な重要事業を展開させるためである。

このほど、中国アルミ業は傘下5社の環境保護資産を安く販売したばかり。2016年5月30日、中国アルミ業が傘下の中国アルミ業株式有限公司蘭州分公司、包頭アルミ業有限公司、山東華宇合金材料有限公司、中国アルミ寧夏エネルギー集団有限公司馬蓮台発電所と六盤山発電所5社企業にある石炭火力発電ユニットによる脱硫・脱硝酸、集塵等環境保護資産を北京財産権取引所で入札移転した。

ページトップへ