閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年6月17日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Tia Maria銅プロジェクト地域、Kuczynski次期大統領との協議を希望

2016年6月13日付け地元紙によると、Arequipa州Islay郡のChang顧問は、Tia Maria銅プロジェクトに関して、Pedro Pablo Kuczynski次期大統領によるIslay郡訪問と、次期政権による争議の解決に期待を表明した。

一方、Islay郡の市民団体Punta de Bombon区保護戦線のBlanco代表やEnsenada-Mejia-Mollendo灌漑利用者組合のMarroquin代表らは、Kuczynski次期政権を信頼することはできないほか、Tia Maria銅プロジェクトを巡る争議を解決するのは困難だとし、その理由として2名の副大統領や次期財務大臣は、いずれも民間企業との結びつきが強い人物であることを挙げた。その上で、争議を終結させるためにも、次期大統領がIslay郡を訪問し、どのような提案を行うのか知る必要があるとの考えを示した。

KuczynskiとKeiko Fujimori両候補による大統領決選投票は50.124%対49.876%の僅差であったが、Islay郡でのKuczynski候補の得票率は68%だった。

ページトップへ