閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年6月17日 リマ 迫田昌敏

エクアドル:先住民族の違法鉱業活動を合法化

2016年6月14日、鉱業省及び国営Enami EP社は、Zamora Chinchipe県のShuar族コミュニティに、Enami EP社が保有していたCongüime金プロジェクト権益を公式に譲渡したと発表した。

Enami EP社は、これまで5年間にわたり、Shuar族を中心とした零細企業に、鉱業生産の技術、鉱業排水の処理、自然環境保護の指導を行い、これら零細企業を合併した企業Explokenminera S.A.設立を促したうえ、政府との合意事項に基づき、鉱業権益がExplokenminera社に移譲された。

今後、同社は、Enami EP社の支援のもとに鉱業活動を行うことになる。また政府は、零細鉱業の組合化や企業化を推進し、全国的な合法鉱業活動を推進させたいとしている。なお、同プロジェトでは金精製に水銀使用は禁じられている。

ページトップへ