閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年6月21日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:Martabe金鉱山の2016年生産状況

2016年6月21日付地元メディアによると、香港企業G-Resourcesの子会社であるAgincourt Resourcesは、同社が北スマトラ州Batang Toruで操業しているMartabe金鉱山の操業について、情報を公開した。

これによると、同鉱山は2016年第1四半期において、78,171ozの金を生産し、これは2015年同時期と比較して7%減少している。販売については、2016年第1四半期で金が71,626oz、銀が556,368ozとなっている。

Agincourt社はMartabe鉱山に係る2016年度の資本的支出を67mUS$としており、現在までに8.2mUS$支出している。また、探鉱費12mUS$を計上しているが、すでに2.19mUS$を支出している。

同社はインドネシア政府に対し、2つの新しい鉱山、BaraniとRambaの開発及び操業について申請を提出しており、2017年には鉱石生産を5mt/年とすることを目標としている。

ページトップへ