閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2016年6月22日 シドニー 山下宜範

豪:選挙を前に与野党が経営破たんしたArrium社の製鉄所・鉄鉱石鉱山への支援を約束

Arrium社は、SA州のWhyallaにおいて製鉄所を操業すると共に、同州において2箇所の鉄鉱石鉱山を操業しているが、2016年4月に約40億A$の負債を抱えて経営破たんし、管財人の管理下に入っている。2016年6月17日及び20日付け地元各紙は、7月2日に予定される連邦議会の総選挙を前に与野党が同社への支援を約束したと報じている。

2016年6月16日、連邦議会の野党・労働党は、政権を獲得した場合は、Arrium社の3,500名の雇用を保証するため、Whyalla製鉄所に1億A$を拠出するという公約を示した。拠出の内訳は、補助金が5,000万A$、融資が5,000万A$である。なお、SA州政府(同州では労働党が与党)は5,000万A$を拠出することを発表している。

これに対し、6月19日、連邦議会の与党・保守連合の党首であるMalcolm Turnbull首相は、Arrium社の2箇所の鉄鉱石鉱山に対し、新たな機械の導入のために計4,920万A$の融資を行うと発表した。新たな機械の導入により高品質の鉄鉱石をWhyalla製鉄所に供給し、同製鉄所における不純物の除去を助けるとしている。

ページトップへ