閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年6月23日 ロンドン 竹下聡美

英国:Rio Tinto、エネルギー資源部門を新設、スピンオフへの準備との憶測も

2016年6月22日付メディア報道は、Rio Tintoが資産額93億US$に相当する石炭、ウラン、カナダの鉄鉱石事業を別会社としてスピンオフするのではという見方を報じた。同社は2016年6月21日に新事業体制を発表し、この中でエネルギー資源部門が新たに設置された。同部門には、石炭、ウラン、塩、ホウ酸塩、及び酸化チタン事業、カナダにあるThe Iron Ore Company of Canadaの鉄鉱石事業が置かれている。

これを受けて複数のアナリストは、当該部門はノンコアアセットを集めたポートフォリオで、South 32資産と類似しているとして、スピンオフの準備をしているように見えると言及している。なお、Rio Tintoのスポークスマンはこれに対しコメントを控えている。

ページトップへ