閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年6月30日 サンティアゴ 山本邦仁

チリ:CODELCO、La Huifa銅鉱床等の探査に今後10年間で50百万US$を投資

2016年6月27日および29日付けメディア報道によると、CODELCOは、La Huifa銅鉱床等を含むEl Teniente銅鉱山の北方および南方地域(第Ⅵ州)の探査に今後10年間で50百万US$を投資することを計画している。SEA(環境評価局)に登録された環境認可関連資料によると、2026年までに総掘進長120,000mのボーリング調査が計画されている。当初3年間はLa Huifa鉱床を対象に、その後の2年間はCamino a Puquios地区を対象に探査を実施し、さらにその後5年間で、Quebrada Teniente、Quebrada Coya、Entorno Rajo Sur、Agua Amarga、Quebrada Mantederoといった地区の探査を継続するというスケジュール。一連の探査プログラムは、2016年第4四半期に着手される見込み。

2016年6月27日および29日付けメディア報道によると、CODELCOは、La Huifa銅鉱床等を含むEl Teniente銅鉱山の北方および南方地域(第Ⅵ州)の探査に今後10年間で50百万US$を投資することを計画している。SEA(環境評価局)に登録された環境認可関連資料によると、2026年までに総掘進長120,000mのボーリング調査が計画されている。当初3年間はLa Huifa鉱床を対象に、その後の2年間はCamino a Puquios地区を対象に探査を実施し、さらにその後5年間で、Quebrada Teniente、Quebrada Coya、Entorno Rajo Sur、Agua Amarga、Quebrada Mantederoといった地区の探査を継続するというスケジュール。一連の探査プログラムは、2016年第4四半期に着手される見込み。

ページトップへ