閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年7月3日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:経済省105鉱区の鉱業権の取り消しを発表

6月24日付け業界紙等によると、メキシコ経済省は、鉱業権者からの鉱業権放棄等により、Zacatecas州15鉱区、Sinaloa州14鉱区、Durango州11鉱区、Chihuahua州9鉱区、Coahuila州7鉱区を含めた計105鉱区の鉱業権を取り消し、同時に、鉱業法の下、それらの鉱区は30日以内に解放される旨発表した。なお、メキシコ鉱業センター(El Servicio Geológico Mexicano)は、メキシコには、600以上の探鉱プロジェクトがあり、41プロジェクトが開発段階、154プロジェクトが中断段階にある旨述べている。また、メキシコ鉱業協会(CAMIMEX)は、金、銀、及びその他金属価格の下落により、探鉱投資額が減少傾向にあり、本年の探鉱投資額は、ここ3年で最低の金額である旨明らかにした。

ページトップへ