閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年7月10日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:Juanicio多金属プロジェクトはメキシコで最も経済的な銀プロジェクト

2016年7月1日業界紙等によると、Fresnillo社と加MAG Silver社(本社:バンクーバー)とが権益比率56%、44%によりZacatecas州に保有するJuanicio多金属プロジェクトは、メキシコで最も経済的且つ巨大な銀プロジェクトになりうる可能性を有している。

2013年末に公表された資源量評価によると、平均品位Au 1.7g/t、Ag 511g/t、Pb 1.9%及びZn 3.5%の概測鉱物資源量10.1百万t、鉱山寿命14.8年、初期投資は302百万US$、生産初期の粗鉱処理量は850千t/日と推定される。Fresnillo社は、開発投資に係る新たな発表は行っていないが、当初計画によると2016年の詳細設計、浮遊選鉱プラント建設工事開始を経て2018年に同鉱山は操業が開始される見込みである。

なお、銀市況価格が18US$/oz前後若しくはそれを下回ったとしても収益性は保たれると考えられており、また、鉱業特別税及び労働者への利益分配要件を考慮していないが、最近のUS$に対するペソ下落はプラスの効果を生み出す可能性がある。さらに、新たな探鉱の可能性も有しており、鉱山寿命と生産性を高めるポテンシャルを有する。

ページトップへ