閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年7月11日 ロンドン 竹下聡美

英国:米Citi Group、英国EU離脱の影響は限定的、2017年以降コモディティ市場は強気な見方

米Citi Groupは2017年の原油を含むコモディティの見通しについて、英国のEU離脱の影響は限定的で中国及び米国の経済成長が世界経済を牽引するとの強気な見方を示した。

米Citi Groupによれば、原油は2016年初めから回復に転じ、2020年に向けて明らかに上昇基調に入ったとして、英国のEU離脱の投票結果は世界経済成長の見通しに一時的に懸念が生じたものの、世界的なコモディティ需要は米国および中国に牽引されて成長し、その一方で、原油及び天然ガス、ベースメタル及び農産物での減産によりコモディティ市場はよりタイト化し、これが価格を押し上げる要因になるとしている。

ページトップへ