閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年7月12日 ロンドン 竹下聡美

仏:Eramet社、子会社ニューカレドニアSLN社に仏政府が2億€融資へ

仏Eramet社は2016年7月11日付で、同社が56%権益を有するニッケル子会社のニューカレドニアSLN社について、ニッケル価格低迷による損失を補填するため仏政府との間で2億€の融資契約を締結すると公表した。
報道によれば、当該融資はManuel Valls仏首相が2016年4月下旬の仏海外領土訪問中に提案されたが、ニューカレドニア北部州代表によって初期条件が拒否され、SLN社の34%権益を有するニューカレドニア現地政府のSTCPI(Société Territoriale Calédonienne de Participation Industrielle)への融資ではなく、SLN社への直接融資を仏政府が行うことで合意されると見られている。
SLN社のPierre Gugliermina会長は、「当該融資により、2017年末までに2015年平均値比で25%の生産コスト削減という行動計画の実行性が強化される」とコメントしている。なお、仏Eramet社は2015年12月以降、1.9億€の資金をSNL社に拠出している。

ページトップへ