閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年7月14日 バンクーバー 山路法宏

米:通商代表部、鉱物輸出関税に関してWTOに中国を提訴

2016年7月13日、米通商代表部(US Trade Representative:USTR)は、9種類の鉱物(アンチモン、コバルト、銅、グラファイト、鉛、酸化マグネシウム、滑石、タンタル、錫)に対して課せられている輸出関税に関して世界貿易機関(World Trade Organization:WTO)に中国を提訴したと発表した。

中国はWTOに加盟する際にこうした輸出関税について撤廃することに同意したが、これまで実現させておらず、原料の一部を中国産の鉱物に依存する米国製品に対して中国製品の競争力を不当に高めているとUSTRは主張している。

USTRによれば、オバマ政権下でWTOに中国を提訴したのは13件目で、これまで全て勝訴している。

ページトップへ