閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
インジウム ベースメタル レアメタル
2016年7月15日 リマ 迫田昌敏

ボリビア:Mallku Khota銀・インジウムプロジェクト仲裁裁定の口頭弁論始まる

2016年7月11日付け地元紙によると、カナダ企業South American Silver社(当時)のMallku Khotaプロジェクト(Potosi県)の探査権はく奪(2012年8月)に関し、2013年4月に同社がオランダハーグの国際常設仲裁裁判所に提出した385.7百万US$(損害額307.2百万US$+利息78.5百万US$)の補償調停裁判の口頭弁論が同日、米国ワシントンの世界銀行本部で始まった。

同プロジェクトは、同社によれば、鉱石埋蔵量255百万tで、銀230.3百万oz(約7.2千t)、インジウム1,481t、ガリウム1,082tの金属を含む鉱床とされている。2003年に探査が開始され、121孔計42,700mのボーリング調査、冶金試験およびプロセス設計とエンジニアリング設計が行われ、年産銀金属量13.2百万oz(約411t)の生産が計画されていた。探査権はく奪までの経緯については、平成24年10月11日付けJOGMECカレント・トピックス12-61号(佐藤朋恵報告)に詳しい。

ページトップへ