閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年7月15日 ジャカルタ 山本耕次

フィリピン:Zambalesの2鉱山が操業停止

2016年7月9日付地元メディアによると、フィリピン鉱山地球科学総局(MGB)は、Zambales州の2か所のニッケル鉱山を、状況が改善するまで停止する命令を下したという。

2016年7月7日の命令において、MGBのルソン事務所は、Zambales Diversified Metals Corp.(Zambales社)及びBenguet Nickel Mines Inc.(Benguet社)に対し、鉱山の操業を直ちに停止するよう命令を出している。停止命令によると、MGBは2016年6月に最高裁がZambales社及びBenguet社に言い渡した自然保護令状をその根拠にしている。

自然保護令状に関して、Benguet社は判決の取り消しを求めている。

ページトップへ